三菱化学エンジニアリングインタビューその1|グローバル調達と横串機能とは?

当時の上司としては、教育を含め、情報の水平展開をやっていきたいという考えがあったのだと思います。

CPPホルダーの三菱化学エンジニアリング 横大路裕紀さん(調達本部 調達2部 海外)を訪問しました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

グローバル調達と横串機能とは?

三菱化学エンジニアリング 横大路裕紀さん

三菱化学エンジニアリング 横大路裕紀さん

(安部)
まず、横大路さんのお仕事について、ご紹介いただけますでしょうか?

(横大路)
はじめに弊社調達部門の役割を紹介したいと思います。
弊社は三菱ケミカルホールディングスグループの一員として、グループ内傘下企業及びグループ外のお客様向けに、設計から建設、保全まで、一貫した業務を提供しています。
その中で我々調達部門は各グループ会社の設備投資や、弊社の外販事業の受注案件等に関わる調達業務を行っており、より購入品を大きな単位で取り纏め、そのスケールメリットによるコスト削減を目指して業務に取り組んでいます。

私はそのなかの海外グループに所属し、主に海外の企業から直接、設備・資材の調達を行っています。調達品は、プラントの設備資材から、工事の手配調達まで多岐にわたっています。

(安部)
ちなみに、どんな国とお取り引きがあるのですか?

(横大路)
我々がよく取り引きする国は、中国・韓国といったアジア諸国ですね。それ以外にもヨーロッパやアメリカから設備の調達もしています。全世界どこからでも調達できる体制をつくって活動しています。

CPPを知ったきっかけとは?

偶然インターネットで見つけたことがきっかけです

偶然インターネットで見つけたことがきっかけです

(安部)
横大路さんが、最初にCPPを知ったきっかけをお聞かせください。

(横大路)
様々な教育指導を受けていましたが、第三者的な視点というか、外部の専門の教育指導が欠けていると感じていました。それで外部の資格やセミナーを探していたときに、偶然インターネットで見つけたことがきっかけです。

ちょうど同じタイミングで、当時の上司から、
「調達経験3年以上のバイヤーを対象としたCPP・B級という資格があるみたいだから、トライしてみたら?」
という打診もあって、私も入社3年目でしたので受験することになりました。
試験の1~2か月ほど前のことで、急遽ガイドブックを取り寄せて勉強しました、笑。

当時の上司としては、教育を含め、情報の水平展開をやっていきたいという考えがあったのだと思います。

〜1/4 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る