水ingインタビューその4|忙しい中での受験勉強の工夫とは?

スタディーガイドは調達業務に関して体系的に非常に良く整理されていましたので、学習することで調達業務に関するスキルを早く身に付けられると思います。

水ingの 江川真一郎さん(調達統括 上下水調達室 室長・技術士(上下水道部門))、土肥郁恵さん(調達統括 上下水調達室 上下水調達第二グループ 副参事)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

忙しい中での受験勉強の工夫とは?

BBw8tkIumQVS6uYdT0q7n1VIGxJCLgKO1r4h_b01Uw8,8Jn1B-mgZY4_xEacOCcS2KJZSauscvXK55g5WWQ8Gjk

ーーCPPの存在を知ってから実際に取組むまでに何か障害となるようなことはありましたか?

土肥
特に、大きな障害になるものはなかったと思います。

ただ、スタディーガイドはボリュームがありますし、範囲が広いので、学習時間を確保するのが結構大変でした。

ーーどのように工夫されたのでしょうか?

土肥
とにかく時間を作るしかないので、寝る間も惜しみました。
業務中に勉強することは出来ませんので、家でなんとか時間を確保しました。
出来れば通勤時間をもう少し活用したかったのですが、スタディーガイドは大きく厚かったのでそういった面では苦労しました。

ノートにまとめたくても時間がないので、いかにスタディーガイドを読む時間を作るのかが課題でした。

ーーホームページの用語集を、ダウンロードしてまとめてくださったりしたということで、いろいろ工夫されたとお聞きました。

土肥
ホームページの用語集はダウンロードして、小さく携帯できるようにし、通勤電車の中で覚えるようにしました。
あとは、とにかくスタディーガイドを読むことでカバーし、わからない部分は何度も何度も読んで、理解を深めました。

要求される知識の中には、弊社の場合、サプライヤーさんにお願いしている部分もありますので、そういう部分は想像しながら学習しました。

ーーCPPに取組んでみようと思った決め手やモチベーションはどのあたりにあったのでしょう?

土肥
一番大きかったのは上司からの勧めです。

先ほど申し上げましたように資格制度に興味はありましたので、勧めていただいたことに感謝しながら勉強させていただきました。

ーー実際に取組まれていかがでしたか?

土肥
スタディーガイドは体系的になっていて調達業務とはこういうことであるとか、幅広く網羅されていたので非常に勉強になりました。

部内でも毎年調達施策をたて、それを実践しています。そのことが実際に正しかったことを改めて理解したこともあり、自分としてもすごく自信に繫がりました。

ーー最後に、これから受験される方へ応援メッセージをお願いします。

土肥
スタディーガイドは調達業務に関して体系的に非常に良く整理されていましたので、学習することで調達業務に関するスキルを早く身に付けられると思います。

ぜひ、スタディーガイドのボリュームに負けず頑張ってください!

ーー
本日はありがとうございました。

〜4/4 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る