CPPブログ

米国ISM視察 番外編 インディ500!

IMG_3406

この5月に訪問したISM(Institute for Supply Management)の国際会議はアメリカのインディアナポリスで開催されました。
インディアナポリスといえばインディ500。空港の到着ロビーにもマシンが鎮座しています。

そのインディ500がサウスウエスト航空のコスト戦略の一つ⇒駐機時間の短縮に一役買っていたってご存知ですか?
インディーカーは約40周で給油しなければならず、レース終了まで4~5回のピットイン作業が生じます。
当然ですが、その作業は0.1秒を争います。

このピットインでのすべての工程を研究し、サウスウェスト航空はそれまでの標準だった45分の駐機時間を、三分の一の15分に短縮することに成功しました。

作業密度を高めて効率化をはかる、このような取り組みは「一般プロセスベンチマーキング」と呼ぶそうです。

インディアナポリス万歳。

出典:「経営戦略全史」BY 三谷宏治

前の記事(Previous)
elektronik Praxis
次の記事(Next)
ワールドサプライヤー!!!
調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る