関西電力・白仁田氏・尾崎氏 インタビューその6|CPP資格取得で得られる自信とは?

関西電力の白仁田康博さん(調達本部 調達改革推進グループ マネジャー)、尾崎雄一さん(調達本部 調達改革推進グループ)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPP資格取得で得られる自信とは?

勝田
それはCPPの個人に及ぼす影響だけではなく、組織に対する効果もあるということですね。

尾崎
もう1点は、社外の方、例えば、コンサルの方、の中でもCPPを取っている方もいらっしゃるので、話が弾んだことがあります。また、CPP A級は対外的にも”調達のプロフェッショナル”ということなので、自信につながりましたね。

勝田
お2人ともCPPを取得されて、引き続き社内の友の会の活動に事務局として取り組まれていいますが、今回、私どものキャンペーンに応募いただいて、賞を取られました。

この賞に応募しようと思ったきっかけをおうかがいできますか。

尾崎
きっかけは、能率協会さまからメルマガが来て、入賞すればCPPのテキストを15セットももらえるというので、それならぜひ応募したいと思いました。また、われわれは、組織としてもしっかりと切磋琢磨しながら取り組んだので、そういうところを対外的にアピールしたかったというのもあります。

勝田
みんなで写真を撮ろうというのは、誰かの声かけだったのですか。

尾崎
そうですね。

私ともう1人でCPP B級合格者たちに、”こういうキャンペーンがあるので、この日に集まれる方は集まってください”と声をかけました。

勝田
今回、グリーン大賞と喜び大賞、それぞれ応募いただきましたが、当初から2つ応募しようというお話になったのですか。

尾崎
そうですね。
グリーン大賞は”安全”とも関係が深く、うまく当社の特徴をアピールできると感じました。

勝田
グリーンは安全の意味ですね。

尾崎
はい。

〜6/8 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る