戸田建設インタビューその1|現在の職務と職場の状況とは?

戸田建設の佐藤さん(購買1部 部長)、滝沢さん(購買1部 次長)、猪飼さん(購買1部 課長)、牛山さん(購買1部 主任)、土屋さん(購買1部 主任)にお話を伺いました。(お役職はインタビュー当時)

現在の職務と職場の状況とは?

綿貫
本日は戸田建設購買1部部長の佐藤さん、CPP社内推進役で次長の滝沢さん、今回7月に受験し合格された購買1部課長の猪飼さん、主任の牛山さん、土屋さんの5名様にお揃いいただきました。
みなさんどうぞよろしくお願いします。
さっそくですが、みなさまの現在の仕事、調達業務での役割について教えてください。
(以下敬称略)

滝沢
本社購買は18人の組織です。1部と2部があり、1部は16名、2部は2名の組織で、主に調達業務は1部が担当しています。
1部には6つの課があり、そのうち直接調達に関係しているのは5つの課で担当者は11人です。
本日出席しているメンバーは全員が1部で、それぞれが調達業務で扱っている工事種目には特徴がありますので、それぞれに自己紹介とともに説明してもらいたいと思います。

綿貫
では、猪飼さんからお願いします。

猪飼
私は4課に所属し、ここにいる牛山と2人で担当しています。4課の担当は首都圏の機械設備工事の調達や協力会社の選定作業を行っています。
購買実績のデータ分析、取引交渉及び契約、労務状況の確認、購買ツールの管理等、業務は多岐に渡っています。エリアは、東京支店、千葉支店、関東支店、横浜支店のエリアを受け持っています。

土屋
私は1課の所属で、課員は2人ですが、その上に課長が1人おります。担当は鉄骨と免震、制振装置関係になります。
課長が鉄骨の本体を担当し、それ以外の附帯鉄骨や免震、制振装置関係を私が受け持っています。エリアは先ほど説明があった4課と基本的には同じで、東京・千葉・関東・横浜の関東の4支店の鉄骨工事関連を集中購買しています。また免震・制振装置は全国を担当しています。

〜1/8 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る