2017年7月期最高得点者インタビュー (NTTドコモ 三輪氏) その1|CPP資格試験で最高得点を達成した実感とは?

株式会社NTTドコモの三輪 遼平さん(資材部 ネットワーク調達担当)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPP資格試験で最高得点を達成した実感とは?

森宮
本日はNTTドコモ資材部ネットワーク調達担当の三輪遼平さんにお話をうかがいたいと思います。

7月のCPP資格合格おめでとうございます。
今回、三輪さんは800点満点中の792点を獲得し、見事に最高得点となりました。
二重の意味でおめでとうございます。

三輪
ありがとうございます。 

森宮
この点数の実感はありましたか。

三輪
いくつか迷った点はありましたが、だいぶできたとは思っていました。
すぐに成績が出て予想以上に良い点だったので、「おおっ」という感じになったのを覚えています。

森宮
1カ月の試験期間の中で2回受験する人も少なくありません。1回目を腕試し、2回目を本番の形で挑戦しているようです。三輪さんは一発で合格でしたね。

三輪
計画的に落ちても仕方がないと考えていました。
ただ、7月初めの最初の週末に受験したので、失敗してもすぐに再受験できるスケジュールを組んでいました。

森宮
計画的に落ちても仕方がないというのは、どういう意味でしょう。

三輪
落ちる可能性もなきにしもあらずと考えていたわけです。

森宮
ご自身の過去を振り返ってみて、試験は得意ですか。

三輪
試験は割と得意かもしれません。

森宮
貴社資材部には2015年にもインタビューをさせていただいています。資材部には70人から80人の部員がいて、定期的に異動することから、この資格受験にずっと取り組んでいるというお話でした。
三輪さんは資材部でネットワーク調達担当と聞きますが、資材部に異動してきてどれくらいが経ちますか。

三輪
今年4月に着任しましたから、資材部に来て半年ぐらいになります。資材部関連のことはそれまで、ほとんど知らず、4月以降に学びました。

森宮
以前はどこにいましたか。

三輪
以前はネットワーク系のどちらかといえば工事や計画の担当です。どんな場所にどのような工事をし、ネットワークの品質を高めていくかを計画する部門に所属していました。

森宮
資材部の業務内容はご存知でしたか。

三輪
本当に名前程度しか知りませんでした。
工事を計画する過程では、装置の値段の見積もりはしていましたが、価格がどうやって決まるのか、どんな形でサプライヤーから調達しているのかは知らなかったのです。
だから、4月に異動して1から勉強した感じなのです。

 

〜1/5 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る