導入事例

CPP資格は個人受験から企業・部門をあげての団体受験まで、目的に応じた様々な活用パターンがあります。ご自身や組織の現状に合わせてご検討いただけます。

活用パターン①

  • CPPの取得を調達部門において推奨もしくは必須とする
  • 調達部門の組織力向上のために活用

活用パターン②

  • 個人学習がきっかけ
  • その後、自社の調達部門の組織力向上のために展開

活用パターン③

  • 自身の調達スキルの棚卸
  • キャリアにおいて培った知識・ノウハウを確認する機会
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る