CPP資格の目的と体系

CPP(Certified Procurement Profressional)の目的とは?

一般に、購買・調達部門は、企業において多額の資金を取り扱い、経営に与えるインパクトがとても大きい機能であるにも関わらず、その業務内容は情報を扱うことをベースにしているが故に外部からは分かりにくく、社内的に評価されにくい立場にあると言えます。

CPPは、Certified Procurement Professionalの略で、購買・調達業務に携わる方を対象に、購買・調達分野における専門的な知識を身につけていることを証明する資格です。

CPPは、資格制度を通じて、日本の購買・調達技術の標準化を進め、更に高いレベルの調達技術の確立に寄与することを目的としております。

CPP資格の体系

・CPPは、下記のような階層に区分された資格です。CPP・B級からCPP・A級へとスキルアップを図ることができる体系となっています。
・購買・調達業務のプロフェッショナルに求められる能力や知識の保有状況を筆記試験を通じて測定・評価し、認定を行います。

CPP資格の体系

全13分野(※)からなる公式ガイドを学習し、ベーシック試験であるCPP・B級と、上級試験であるCPP・A級を受験します。

試験期間は、CPP・B級が毎年2回(7月/1月)実施され、CPP・A級は毎年1回(11月)実施されます。1度の試験期間内に2回まで受験することが可能です。
CPP試験日程・申込みはコチラから

受験会場は全国47都道府県の主要都市に約100カ所あり、試験期間内に時間と場所を自由に指定することが出来ます。
CPP受験会場の検索はコチラから

2007年の創設からこれまで、日本を代表する数々の企業から多くの方が受験しており、企業としては、購買・調達業務の標準化と購買・調達機能の改善・革新、社員のスキル評価やキャリア採用の指標などに活用することができます。

一方、個人としては、購買・調達分野のエキスパートとしてスキルアップできるメリットがあり、自身のスキルの証明と棚卸しに役立てることができます。

CPP公式ガイド「調達プロフェッショナルスタディーガイド」章立

  1. 調達競争力強化の方向性
  2. 調達基盤
  3. 戦略・マネジメント
  4. 調達の社会的責任
  5. 開発購買
  6. 調達実施
  7. 調達管理
  8. 調達実施のための基礎知識
  9. 調達システム
  10. CRのための関連知識
  11. 専門領域調達
  12. マネジメント手法
  13. ビジネスファンダメンタルズ
調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る