【限定レポート】これからの調達部門の役割


これからの調達部門の役割

これからの調達部門の役割

 これからの調達部門の役割
 CONTENTS【目次】

 1)調達購買部門の位置付けの変還と現状

 2)企業の利益創出 ~調達からのアプローチ~

 3)経営資源の効率的活動

 4)グローバル調達への対応

 5)関連部署との関わり方

 【まとめ】

こちらのフォームにメールアドレスを入力して、「今すぐ限定レポートを受け取る」をクリックしてください。ダウンロードURLをお送りします。


※日本能率協会が発行する無料メールマガジンに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除できます。

グローバル化やIT化による環境変化により、多くの企業がその構造変革の必要性に直面しております。
変化しないリスクであり、その変化に立ち向かう勇気を全ての部門が持たなければならない時代になっています。
調達購買部門は会社を代表して取引先との交渉にあたるという立場から、最もその外的変化を肌で感ずる部署の一つと言えるのではないでしょうか。

これからの調達担当者の役割をこれまでの調達業務の延長戦で語るのみならず、経営の視点から見直す事でリソースの再配分や集中すべき領域の輪郭が見えてくるであろうというのが本書の役割です。

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る