試験日程・申込

CPP・B級試験概要

cpe

全国の試験センターにて実施

試験名CPP(Certifled Procurement Professional)・B級
主催一般社団法人 日本能率協会
申込期間7月期:2018年5月7日(月)~7月26日(木)
1月期:2018年11月12日(月)~2019年1月30日(水)
受験期間7月期:2018年7月1日(日)~7月31日(火)
1月期:2019年1月7日(月)~1月31日(木)
想定する受験者調達業務に関して3年程度経験のある方を想定しています。
受験資格特になし
試験範囲CPP認定テキスト
「調達プロフェッショナルスタディーガイド」

受験料15,000円(税抜)
※団体受験(5名以上)の場合、14,000円(税抜)
試験会場全国各所の試験会場で受験できます。
ご都合に合わせてご予約ください。
※会場によって営業日が異なりますのでご注意ください。

試験配信会社について
2018年9月以降の試験は、試験配信会社が変更になります。
詳細が確定次第、ホームページにて案内いたします。

なお、購入いただきましたバウチャーについては、期限内は引き続き、ご利用いただけます。
試験方式CBT:Computer Based Testing
(コンピュータを用いた試験を採用しています)
試験の実施方法を事前に確認することができます。ただし、実際の試験と形式が異なる場合がありますので、ご注意ください。
試験問題サンプル
問題形式サンプル
問題形式90問/90分
【択一問題・語彙選択問題・アンケート時間を含む】
試験結果試験当日に試験結果を通知します。
合格基準530点(800点満点)
再受験規程受験の際には以下の再受験規定に同意していただく必要があります。

  • 1期間に2回まで受験することができます。
    (2回目の受験にも、受験料金が必要です。)
    なお、欠席の場合も1回にカウントされますので、受験日を決める際にはご注意ください。
  • 当試験に合格した場合、試験内容が改訂された場合を除き、合格後12ヶ月は同じ試験を受けることはできません。
この規定に違反して受験したことが判明した場合、受験が無効になりますのでご注意ください。
※再受験規定に違反して受験予約・合格した場合であっても、試験終了後にお渡しするスコアレポートには「合格」と記載されますが、認定されませんのでご注意ください。また、その際には一切受験料金の払い戻しはいたしません。
注意事項
  • 予約時にご登録いただいた企業名は、受験企業として、CPPのパンフレットやホームページに記載することがあります。
  • 試験開始の15分前までには必ず試験会場へお越しください。
  • 試験当日に本人確認書類の提示が必要になります。
    (提示ができない場合は受験ができません)
CPP・B級試験の申込みはこちら

CPP・A級試験概要

cpe

全国の試験センターにて実施

試験名CPP(Certifled Procurement Professional)・A級
主催一般社団法人 日本能率協会
申込期間6 月期:2018年4月9日(月)~6月26日(火)
11月期:2018年9月10日(月)~11月29日(木)
受験期間6 月期:2018年6月1日(金)~6月30日(土)
11月期:2018年11月1日(木)~11月30日(金)
想定する受験者購買・調達部門の管理者およびこれから管理者を目指す方を想定しています。
受験対象CPP・B級資格取得者
※予約には、CPP・B級の認定証の番号が必要です。
試験範囲CPP認定テキスト「調達プロフェッショナルスタディーガイド」の内容に沿った応用問題。

  • CPP認定テキスト「調達プロフェッショナルスタディーガイド」の内容にそって、総合的に出題されます。
  • 調達部門が直面する課題を解決するための考え方や手順、関連法規のより深い知識などを問います。
  • 以下の分野から出題されます。

  • 大問題1問につき、小問題1~5問が出題されます。
    出題分野が、複数領域またがる問題もあります。
    ・調達の基本事項
    ・調達組織
    ・CSR、リスクマネジメント
    ・調達倫理
    ・調達戦略
    ・調達計画、目標展開、調達マネジメント
    ・海外調達
    ・開発購買
    ・サプライヤー戦略、サプライヤー評価
    ・コスト分析、査定
    ・調達交渉
    ・調達管理
受験料18,000円(税抜)
※団体受験(5名以上)の場合、17,000円(税抜)
試験会場全国各所の試験会場で受験できます。
ご都合に合わせてご予約ください。
※会場によって営業日が異なりますのでご注意ください。

試験配信会社について
2018年9月以降の試験は、試験配信会社が変更になります。
詳細が確定次第、ホームページにて案内いたします。

なお、購入いただきましたバウチャーについては、期限内は引き続き、ご利用いただけます。
試験方式CBT:Computer Based Testing
(コンピュータを用いた試験を採用しています)
試験の実施方法を事前に確認することができます。ただし、実際の試験と形式が異なる場合がありますので、ご注意ください。
試験問題サンプル
問題形式サンプル
問題形式40問/90分
【択一問題・語彙選択問題・アンケート時間を含む】
試験結果試験当日に試験結果を通知します。
合格基準550点(800点満点)
再受験規程受験の際には以下の再受験規定に同意していただく必要があります。

  • 1期間に2回まで受験することができます。
    (2回目の受験にも、受験料金が必要です。)
    なお、欠席の場合も1回にカウントされますので、受験日を決める際にはご注意ください。
  • 当試験に合格した場合、試験内容が改訂された場合を除き、合格後12ヶ月は同じ試験を受けることはできません。
この規定に違反して受験したことが判明した場合、受験が無効になりますのでご注意ください。
※再受験規定に違反して受験予約・合格した場合であっても、試験終了後にお渡しするスコアレポートには「合格」と記載されますが、認定されませんのでご注意ください。また、その際には一切受験料金の払い戻しはいたしません。
注意事項
  • 予約時にご登録いただいた企業名は、受験企業として、CPPのパンフレットやホームページに記載することがあります。
  • 試験開始の15分前までには必ず試験会場へお越しください。
  • 試験当日に本人確認書類の提示が必要になります。
    (提示ができない場合は受験ができません)

CPP・B級試験の申込みはこちら

受験申込

  • CPP・B級およびCPP・A級の受験予約は、すべて、Web(プロメトリック社ホームページ)でのお申込となります。
  • WEB予約手順の最後に表示される「確認書」を印刷のうえ、内容をよくご確認ください。
  • お席の混雑が予想されるため、お早めにご予約ください。
  • 会場によっては、ご希望の日にちに試験を開催していない場合もございます。
    予めご了承ください。

CPP試験予約の流れ

CPP・B級試験の申込みはこちら

法人申込および団体受験について

一括お申し込みによる団体受験をお薦めいたします。
各種特典もご用意しておりますので、会社・部門単位でのスキルアップに本制度をぜひご利用ください。

法人申込および団体受験のご案内

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る