川崎重工業インタビューその1| 調達企画の役割とは?

調達研修の企画開催、官公庁による調査対応などのコンプライアンス関連業務など、カンパニーの調達部門を側面的に支援しています。

CPPホルダーの川崎重工業 熊代真和さん(調達本部 調達企画部 主事)にお話を伺いました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

調達企画の役割とは?

熊代真和さん(調達本部 調達企画部 主事)

熊代真和さん(調達本部 調達企画部 主事)

安部
熊代さんの所属されている調達本部・調達企画部のお役割やお仕事の内容についてご紹介いただけますでしょうか。

熊代
本社に調達本部という組織がありまして、3つの部から構成されています。
私の所属する調達企画部と素材調達部、間接材調達部の3部から構成されています。

素材調達部と間接材調達部については、特定品目について集中値決めを行うなど全社での集中購買を実施しています。
私の所属している調達企画部は、調達研修の企画開催、官公庁による調査対応などのコンプライアンス関連業務など、カンパニーの調達部門を側面的に支援しています。

安部
どのような商品をおつくりになっているのか、ご紹介いただけますか?

熊代
陸、海、空の総合重機メーカーとして、船舶にはじまり鉄道車両、航空用機体、エンジン等の航空関連製品、産業用プラント、リサイクル設備等のプラント関連製品、発電設備、水力機械などを製造・販売しています。
一般消費者向けに製造・販売している二輪車関係もあります。
また、油圧機器や産業用等のロボット製品も取り扱いをしています。

安部
7つのカンパニーをお持ちで、全体に関係してくる戦略を構築されていらっしゃる。
また、人材育成もカンパニー横断で企画されているということですね。

熊代
そうです。
全社調達部門を対象とした研修の企画・開催をしております。
全社統一的な研修は当部が企画開催していますが、各カンパニーの調達部門でも独自に必要な知識技術の研修を実施しています。

安部
全体にかかわる教育ベースのひとつとしてCPP資格制度をご活用しているという認識でよろしいでしょうか?

熊代
はい。

〜1/6 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る