【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

カゴメインタビューその6| 専門性とジョブローテーション

CPPを取得しているがその人自身のスキルの保証として伝わるようになるといいなと感じています。

CPPホルダーのカゴメ 片山喜晴さん(生産調達本部 調達部 購買グループ 主任)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

専門性とジョブローテーション

dcvli0Hdne5hmJc8xEhAmlNMx4yW-sp3KypsJ6P79ko

ーー
CPPを導入する決め手となったのは、前任の部長様が評価していただいたことが大きな要因でしょうか?

片山
はい、そうだと思います。

その方は、入社してから調達部門ひと筋でやってこられ、スペシャリストであるにも関わらず調達業務の標準化の重要性を盛んに言われる先見性のある方でした。

その方に、「片山君、標準化を頑張らないか」と言われ、調達業務の標準化活動に真剣に取組みはじめました。

ーー
取組んでみていかがでしたか?

片山
大変だったですが、CPPは有効だと思います。

バイヤーのみなさんが、サプライヤーに対して、CPPを取得しているがその人自身のスキルの保証として伝わるようになるといいなと感じています。

〜6/7 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る