エアウォーターインタビューその1|スキルの証とは?

こういう資格があると聞いた時に、とれるものなら、取りたいなと思いました。それは、単に資格を集めるためではなくて、自分が身に付けたスキルを表す証として欲しいなと考えたからです。

CPPホルダーのエアウォーター 岡豊さん(購買部 購買グループ 係長)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

スキルの証とは?

エア・ウォーター 岡豊さん

エア・ウォーター 岡豊さん

ーーー
現在の岡さんのお役割・お立場をお聞かせください。


エア・ウォーター(株)の調達部に属しています。

エア・ウォーターグループ全体のコスト削減を推進する部門で、物品やサービスなどの購買品に加え、業務改善も含めた全てのコストリダクションと間接材の最適購買と受発注システム構築等の業務支援、担当するグループ会社のコスト削減の指導、支援によりコスト削減を進めています。

ーーー
事業部ではなくて全社の購買をされているのですか?


はい。エア・ウォーターグループ全社になります。

ーーー
間接材とは、具体的にどのようなものですか?


軽油・ガソリン等の燃料をはじめ、航空料金・新幹線料金等の旅費関係、通信費関係、業務車両、レンタカー、情報機器、事務機器、事務用消耗品、梱包副資材などです。

これらの集中・集約購買を戦略としてコスト削減を具現化しています。

ーーー
岡さんは、調達部にこられて何年ですか?


今の業務をする形で調達部に来てから、1年4ヶ月になります。

ーーー
1年4ヶ月でCPP・A級資格までチャレンジするのは、すごいですね。


はい。ハードルの高さは感じましたが、B級で取得した考え方や実務がどの程度身についてるか、実践で生かせるのかを確認する手段と考えました。

ーーー
岡さんご自身が取組もうという決め手になったことは何でしょうか?


調達部のメンバー育成方針にCPP取得がありますが、より実践で役立てるためにB級で得た知識を深耕する必要があると私自身が考えたためです。

資格を取得するのではなく、より実践の場で生かすためというのが取り組みの動機です。

〜1/5 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る