サンケン電気インタビューその3|CPPを知って感じた大きな変化とは?

 なかなか勉強したことが積み上がらなかったのですが、CPP資格試験が非常に体系的に出来ていますので、自分の中で知識・スキルそういったものの土台ができたと思っています。 

サンケン電気 唐木秀彦さん(生産本部 資材統括部 デバイス購買部 部長)、 成田寛人さん(資材統括部 デバイス購買部 デバイス購買1グループ)、雑賀明良夫さん(資材統括部 資材管理グループ)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

CPPを知って感じた大きな変化とは?

EB_Nsy_lqb28h6Km1Zt4fiASSaN8k9jiCnsf4DUbDCw,V7OVOyFz0PYfZ-M2xbqxs3Mcp20pQ8kuLaxxjyUkowk

ーーー
上司の勧めもあったということでしたが、CPP資格を受けようと思った具体的なきっかけをお聞かせください。

成田
きっかけは上司から勧めがあり、若手を中心に資材統括部から選抜メンバーを募りまして、社内で講習会を受けました。
それがきっかけになりましたね。

ーーー
大きな変化があったということでしたが、どのようなことだったのでしょうか?

成田
それまでは模索をしていた状態でした。

なかなか勉強したことが積み上がらなかったのですが、CPP資格試験が非常に体系的に出来ていますので、自分の中で知識・スキルそういったものの土台ができたと思っています。

そこから改めて、過去に買った調達に関する本を学ぶことによって今までは積み上がらなかった部分が積み上がったと感じています。CPPによってベースが出来たからでしょうね。

〜3/12 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る