新明和工業インタビューその5|関西で直前対策セミナーが開催されたことの感想は?

CPPは自主学習できる、「とっつきやすさ」が大きかったと思います。

CPPホルダーの新明和工業 上島 健嗣さん(資材調達部担当課長)にお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

関西で直前セミナーが開催されたことの感想は?

成富
以前の日立グループさんの時と今を比べてCPPという存在を使ってみて他にどんな影響があったと思いますか?

上島
日立グループの時は、セミナーは必ず2泊3日とかで、泊り掛けで行ったものです。
でもCPPは自主学習できる、「とっつきやすさ」がひとつは大きかったと思います。

CPP B級の試験対策直前セミナーというのも3冊のテキスト(スタディガイド)の理解度を深める上で非常に効率がよいと思います。

それと今までは東京でしかなかったのですが関西もやっていただけるようになったので、移動が少なく助かっております。

成富
A級試験対策セミナーも来年度は関西でやりますのでぜひ活用していただければと思います。

上島
うちの事業所は栃木県、神奈川県、兵庫県で広島県とあるので、東京、大阪はいいですが、他の地域は、2日間の試験対策直前セミナーでも日帰りでいけるような場所でやっていただけたら、かなりみんなが参加しやすくなると思います。

関西では実際に、参加しやすいので、参加したひとたちもやる気をもって試験に望めると思います。
例えですが、自動車の運転免許をとるのと一緒だと思うのです。

試験場の前で売っている「赤本」を買って、読んで「模擬試験」やってから、自動車運転試験所に行って受験するのと同じだと思うのです。

そういう雰囲気で、「これ済んだら、次はこれだ」と、もう先が見えているからそういったところで、「自分が、賞状もらって帰ってくる」というのがイメージできるのが非常にいいのかなと思います。

ただ、「地域限定」はわかるのですが、もう少し地方開催が広がるといいなと思います。
要望としては日帰りで受けられるのがいいなと思います。

今回、大阪でやってもらえて、それが一番嬉しかったです。

成富
他に開催数を増やしましたのでご利用しやすくなったと思います。

上島
講師の先生も変られましたよね?

成富
藤田講師にかわりましたね。

上島
僕は前の先生の神谷先生の時に受けさせてもらって、面白かったです。
新しい人達は、「そういう意味か」と、字面での理解だけじゃない理解があって、記憶に残るので、非常にいいなと思います。

どうしてもテキストの字面だけでやると残らないですよね、それより耳、聴覚より入ることで両方から記憶に残ると思うのです。

それと興味ある話題に乗せて、話して頂いたので非常に頭に残りやすかったです。
新しい藤田先生も、そのような感じと聞いています。「いいな」と思っています。

〜5/6 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る