三菱重工業インタビューその5|調達の共通言語のメリットとは?

 物流等々の言葉は共通言語が成り立っているのですが、それ以外の領域でも、CPPが広まればコミュニケーションが円滑になるのではないかと思います。 

三菱重工業の磯 貴博さん(交通・輸送ドメイン 交通・輸送調達部 車両・空制調達課 主任)にお話を伺いました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

調達の共通言語のメリットとは?

blSnDMPnWOJIc1HWzoca4riDaaLo560vAislWRr9r5A,qdA_wynX9CCIQNBa4G39cz8SpH6wDBjCLLdBE6FO33A

安部
調達部門において、もっと多くの方がCPPの知識を持っていただいたら、きっと今よりも強い調達組織になっていただけると信じているのですが、今後社内にたいする期待はございますか?


他の方のインタビューにもありましたが、いわゆる共通言語としてガイドを活用できるのが一番良いのかなと思っています。

ある程度、物流等々の言葉は共通言語が成り立っているのですが、それ以外の領域でも、CPPが広まれば、コミュニケーションが円滑になるのではないかと思います。

安部
大変幅広い製品を、おつくりになっており、拠点も多くありますが、共通の知識や言語を持つ効果はありますでしょうか?


あると思いますね。我々も「ONE調達」という名のもとで、システムの共通化やプロセスの共通化等を図っている最中です。このCCPガイドも必要性はありますし、幅広い社員が使える教材だと思います。

〜5/8 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る