【消費税増税に関するお知らせ】
消費税増税に伴う受験料とバウチャー販売に関するご案内

キヤノンマーケティングジャパン・別所氏 インタビューその1|調達部門で感じた悩みや課題とは?

キヤノンマーケティングジャパンの別所文子さん(調達本部 調達部 調達第一課)にお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

調達部門で感じた悩みや課題とは?

勝田
別所さんにインタビューさせていただきます。

まず、現在のお立場やお役割についてお聞かせください。

別所
私はキヤノン製品以外の外部仕入れ商品を国内ベンダーから調達しています。

勝田
実際に調達しているものは、どういったカテゴリーの商品ですか。

別所
作業を始めとした役務系の発注が多いです。
弊社では現在ネットワークカメラ事業に力を入れており、それにまつわる工事発注、更にはビデオ会議システムや電話機などの設置作業を外部に委託する仕事です。

勝田
直接材というよりは、工事など作業を含めた発注が多いのですね。

別所
私の担当業務ではこの領域が多いですね。

勝田
別所さんはCPPの資格を取得なされていますが、CPPに取り組む前は調達部門の一員としてどのような課題をお持ちになっていましたか。

別所
CPPを受検するまでは、体系的なことを学ぶ機会はあまりありませんでした。

日々の業務についてはOJTで教わっていましたが、調達全般に関する基礎知識が足りていないと感じていました。

勝田
基本的に業務の継承やノウハウの伝達はOJTでやることが多いのですか。

別所
最初に配属された時点で大まかなことを教わりますが、それが終わると残りはほとんどOJTになります。

勝田
役務系の調達があるというお話でしたが、業務の中で基本的な課題だと感じたものはありましたか。

別所
テキストには上流工程から入り込むことが重要と書かれていますが、正直言ってなかなか入り込めていませんでした。

テキストにそのことが書かれているということは、他社調達部門でも同様の悩みを抱えているからではと思いました。業界は違っても悩みは共通なのだと。

勝田
実際にCPPを受けられ、そういう課題や問題に対する向き合い方は変わったり、改善されたりしましたか。

別所
現在、マネジメントガイドに書かれている調達基盤の構築に1つひとつ取り組んでいるところです。

〜1/6 page〜

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る