アステラス製薬インタビュー6:開発購買で活かせたこととは?

アステラス製薬株式会社 調達部 マニュファクチュアリング&サプライチェーン 課長 原薬担当・ロジスティクス担当 中島 英之様(CPP-A級取得)に資格取得の背景やご活用についてお伺いしました。

(※以降敬称略、所属・役職は2021年12月20日時点)

勝田
CPPの内容が”共通言語として社外で活用できた”お話を伺いましたが、社内ではいかがでしたでしょうか?

中島
そうですね。開発購買の関連では活かせたのかな、と感じています。
具体的には、医薬品の開発フェーズにおける原料調達なども担当しているので、開発部門視点のマインドセットやスピード感などを意識・理解しながら進めることができるようになりました。
一方で、調達部門の視点でも事前にどのような提案をして、開発段階ごとにおけるサプライヤー評価、管理、方向性などの考え方など、現場の実態と非常にマッチしており、役に立ちました。

勝田
CPPの知識が、他部門とのコミュニケーションや連携する場面で役にたったのですね。

中島
そうですね。

調達プロフェッショナルスタディーガイド 詳しくはこちら
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る
Translate »